MCLSとは

「多数傷病者への医療対応標準化トレーニングコース(Mass Casualty Life Support:MCLS)」

 日本集団災害医学会、災害医療コーディネーション委員会では、消防や警察など、災害のファーストレスポンダー

となりうる要員を対象とした災害医療の研修会として、「多数傷病者への医療対応標準化トレーニングコース」

Mass Casualty Life Support(MCLS)開発してきました。

 DMATの隊員が学んでいる内容が多く取り入れられ、その理論や用語の普及と共通化を目指しています。

これにより、消防・警察官等とDMATとが、災害現場において連携可能となります。

 

 受講対象者は災害現場で医師と連携する職種(救急隊・救助隊・消防隊・看護師・医師・警察官・自衛官・海上保安官)

となっています。

 

 北総救命会はMCLSの概念と用語の標準化を目指してMCLS委員会が発足しました。

 正式コースの開催と災害に関する自主勉強会を開催しています。

 毎年数回本コースをMCLS委員会は開催しております。

 

 また、MCLSコースのブラッシュアップ的、エマルゴトレーニング的な要素を組み込んだ北総救命会特有な

MCSTAコース(ムコスタコース) M:Mass  C:Casualty  S:Simulation  T:Training  A:Advance】

(無線運用しながら出動して、現場の場所取り、などなど。)も開催ております。

 

令和元年度開催コース

  年 月 日 名   称 受講人数 開催場所

令和元年8月31日

第15回北総救命会MCLS標準コース 30 日本医科大学千葉北総病院 災害研修センター
 2 令和元年11月3日 第4回北総救命会MCSTAコース  30 筑波メディカルセンター病院
3

令和2年3月8日

第16回北総救命会MCLS標準コース  中止 日本医科大学千葉北総病院 災害研修センター
4 令和2年3月28日

令和元年度茨城県

MCLSインストラクターコース

中止  筑波メディカルセンター病院
 5  令和2年3月29日 第5回北総救命会MCSTAコース  中止  筑波メディカルセンター病院

令和2年度開催予定コース

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染に伴い、現時点でのコース計画はありません。

MCLSコース、MCSTAコースの受講応募は、こちら!

(受講決定は、コース開催日の約2週間~1ヶ月前の連絡となります。m_ _m。)

第16回北総救命会MCLS標準コース(3/8開催について)

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関連した情勢を鑑み、運営側で検討した結果、

参加者全員がストレスなく万全な体制で臨みたいので、今回はコースを延期させて頂きます。

ご理解のほど宜しくお願いいたします。また、コース中止となりましたことを深くお詫び申し上げます。

 

北総救命会の会員8000円  非会員12000円

会場:日本医科大学千葉北総病院

   この期に救命会会員になると、

8000円受講料に入会5000円(入会金2000円・年会費3000円)で13000

非会員受講12000円プラス1000円で救命会会員に! 

 

  

令和元年度茨城県MCLSインストラクターコース(3/28開催について)

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関連した情勢を鑑み、運営側で検討した結果、

今回はコースを中止させて頂きます。ご理解のほど宜しくお願いいたします。

また、コース中止となりましたことを深くお詫び申し上げます。

 

会場:茨城県 筑波メディカルセンター病院

コース運営担当者 筑波メディカルセンター病院

 看護部救急診療外来 看護師長:内田 里実

   

第5回北総救命会MCSTAコース(3/29 茨城県 開催について)

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関連した情勢を鑑み、運営側で検討した結果、

参加者全員がストレスなく万全な体制で臨みたいので、今回はコースを延期させて頂きます。

ご理解のほど宜しくお願いいたします。また、コース中止となりましたことを深くお詫び申し上げます。

 

 

北総救命会の会員5000円  非会員8000円 

 

受講資格:MCLSプロバイダー以上(30名程度)

会場:茨城県 筑波メディカルセンター病院